グルメ

お茶・和菓子


松江は京都、金沢と並び日本三大菓子、茶処として知られています。これも大名茶人であった松江藩松平家 7 代藩主・松平治郷 (不昧公) が茶道「不昧流」を大成させたことで、茶の湯文化が浸透したと言われています。不昧公が茶会で使われた和菓子や茶道具などは「不昧公好み」として今も受け継がれ、四季の移ろいを感じながらゆったり過ごす「お茶のひととき」が今日も息づいています。

松江 CHAnoYU めぐり

茶の湯のまち松江で注目の"ちゃのゆ"スポットなどを紹介したホームページ。
"ちゃのゆ"でめぐる松江の町あるきを楽しんでください!
このページの間違いを報告する