松江めぐり

お茶と和菓子を楽しむ


松江は京都、金沢と並び日本三大菓子、茶処として知られています。これも大名茶人であった松江藩松平家 7 代藩主・松平治郷 (不昧公) が茶道「不昧流」を大成させたことで、茶の湯文化が浸透したと言われています。不昧公が茶会で使われた和菓子や茶道具などは「不昧公好み」として今も受け継がれ、四季の移ろいを感じながらゆったり過ごす「お茶のひととき」が今日も息づいています。

茶室で抹茶を一服

月照寺
松江藩松平家の菩薩寺で、四季折々の花が咲き誇り、毎年 4 月には「茶せん供養」が行われます。書院「高真殿」では不昧公が愛飲した名水で抹茶と銘菓・路芝 (みちしば) がいただけます。
普門院三斎流茶室 (観月庵)
松江城の鎮護の寺である普門院内には三斎流の茶室・観月庵があります。不昧公が松江城から堀川を船に乗って訪れ、茶事を楽しんだと言われています。抹茶と一緒に季節の和菓子がいただけます。

明々庵
松江城が望める丘の上に建つ不昧公好みの茶室・明々庵。そこの「百草亭」では、枯山水の庭と鳥のさえずりを聞きながら抹茶を。菓子は小さくカットされた明々庵オリジナルの「菜種の里」。
菅田菴
松平不昧公の指図で、向月亭や御風呂屋とともに建築された、日本を代表する茶室・庭園。菅田菴はほぼ創建当初からの姿を今に伝えており、不昧の茶の湯の思想を知ることのできる最も象徴的な遺構です。茶室の中で抹茶と和菓子がいただけます。
ぼてぼて茶
天日干しをした茶花と番茶を煮出し茶碗に入れ、茶せんで泡立てます。そこに赤飯や漬け物、黒豆などを入れた、いわば出雲地方に伝わる「お茶漬け」。具が残らないように一気に流し込むのがこつです !

松江城大茶会を開催

日本三大茶会の一つ「松江城大茶会」を松江城山公園で開催。地元の抹茶や煎茶の流派が参加するので、お手前も拝見しながらお茶と和菓子が味わえます。不昧公の命日 (4 月 24 日) に近い日曜日には「茶せん供養」ならびに記念茶会も催されます。

松江の銘菓

松江は今でも松江藩御用の和菓子が受け継がれ、松江銘菓として愛されています。

若草
良質のもち米を求肥に練り上げているので、中はふっくらしています。その求肥に薄緑の寒梅粉がまぶしてあります。
山川
日本三大名菓の一つです。赤は紅葉、白は川の水を表した、しっとりした落雁です。甘さの中に、程よい塩の風味があります。
菜種の里
春の菜の花畑に、白い蝶が飛び交う様子を表現した落雁です。白い蝶は玄米を炒ったものです。春を感じる和菓子の一つです。
姫小袖
和三盆糖の打菓子の中に皮むき餡が入っています。紅白の色と模様が美しく、贈りものとしても喜ばれています。

和菓子屋リスト

桂月堂 一力堂 風流堂 三英堂 彩雲堂 福田屋 清松庵たちばな ●風月堂

和菓子を味わう

出雲式日本庭園を眺めながら、つくりたて和菓子が味わえます。喫茶きはる
松江歴史館内にある「喫茶きはる」では、松江和菓子の研究家 現代の名工・伊丹二夫氏による、つくりたての和菓子がいただけます。季節のものや創作和菓子まで、お好みのものが選べます。

和菓子作り体験

色鮮やかなカワイイ和菓子を自分でつくってみましょう。カラコロ工房
カラコロ工房内では和菓子職人の指導のもと、和菓子の形づくりが体験できます。職人技を間近で見ながら季節の花などをあしらった「練りきり」と「きんとん」が各 1 個ずつできます。銘菓・若草がプレゼントされ、計 3 個お持ち帰りできます。

茶室『明々庵』で特別なひとときを

POINT
  • 「茶どころ・松江」を象徴する茶室「明々庵」での特別なひととき
  • 「不昧公好み」と称される茶室や庭園、和菓子にいたるまで徹底解説付き
所要時間 : 約 70 分
催行日 : 通年 (除外日 : 4 月 29 日 ~ 5 月 5 日、12 月 30 日 ~ 1 月 3 日)
時間 : 10:00 ~、14:00 ~ (木曜日は 14:00 は除く) ※日時の詳細はお問い合わせください

定員 :
各回 15 名 (最少催行人数 2 名) ※団体受入可
予約 : 7 日前まで
料金 : 1 人 1,500 円 (税込) ※拝観料、抹茶 (菓子付き)、ガイド料を含む。※ご自身でのお点前は 200 円追加

問合せ先 :
株式会社山陰中央新報社 文化事務局 0852-32-3468
* 受付時間 9:30 ~ 18:30(日・祝を除く)

松江駅周辺 2 時間あそび

松江駅周辺には和菓子屋さんが何軒もあります。バスや電車の待ち時間を利用して、松江不昧公老舗会の和菓子とお抹茶を 2 時間で楽しんでみませんか。松江駅周辺 2 時間あそび
このページの間違いを報告する