温泉

松江しんじ湖温泉

日本夕陽百選の夕日を堪能

松江しんじ湖温泉は、名前の通り、宍道湖の北側に面した温泉地で、効能豊富な高温 (77 度) の天然温泉が湧き出します。四季折々に変化する宍道湖の眺望は文豪小泉八雲がこよなく愛したといわれ、他にも多くの文豪が訪れています。また、湧き出る豊富なお湯は温泉街にある足湯にも使われ旅行く人の疲れをいやしてくれます。

松江しんじ湖温泉を散策してみよう。

 お湯かけ地蔵尊
地下 1,250m 以上から湧き出す湯元にあるお地蔵様です。湧き出たお湯に感謝して建てられました。優しい穏やかなお顔のお地蔵様にお湯をかけて手を合わせると、健康で幸せになれるそうです。
 一畑電車松江しんじ湖温泉駅
出雲大社や出雲市に向うー畑電車の始発駅。駅に併設されている足湯は、電車やバスの待ち時間に気軽に楽しめると、旅行客にも人気です。
※月・火・木・土の 6:00~10:00頃までは清掃の為使用できません。
双子のだんだん大黒
しんじ湖温泉街中にはもう1か所足湯が。双子のだんだん大黒が出迎えてくれます。
※9:00~21:00
 宍道湖七珍のレリーフ
温泉街を歩くと、出逢うのが宍道湖を代表する「宍道湖七珍」といわれる湖の幸をレリーフにしたもの !7 つ全部見つけられるかな ?
 

このページの間違いを報告する