移ろう彩りを感じる四季の花めぐり。花の彩りや香りから四季が感じられ、見る人の心も和ませてくれます。その時期にしか見ることができない開花は景色と重なることで、美しい風情を醸し出します。華やかな、あるいはしっとりとした花景色は、訪れた人を魅了することでしょう。

おでかけスポット 牡丹 大根島

年間約80万本が出荷される
大根島は日本一の牡丹の産地

大根島で牡丹の栽培が始まったのは、三百年前の江戸時代からです。改良種も移植され、島には三百五十種以上が咲いています。約三十万本が輸出され、由志園では四季を通して楽しめます。

中海に浮かぶ大根島の写真と池泉に浮かぶ牡丹(由志園)の写真

牡丹の花写真
区切り

おでかけスポット 桜 松江城・玉造・島根町・大根島

城下町から海辺、温泉地まで
松江ならではの「桜」の風景を
お楽しみください。

戦国時代の風格を今に伝える松江城。松江城山公園には、ソメイヨシノを中心に、約二百本の桜が咲きます。夜桜を照らすボンボリは約六十基あり、夜桜見物の名所となっています。

海景色と桜を楽しむチェリーロードの写真

桜と松江城の写真

区切り

おでかけスポット 椿 城山公園・八重垣神社

日本の美を代表する花
「椿」は松江の市花

松江城山公園には、赤以外にピンクや白など様々なヤブツバキがあります。松江松平藩七代藩主不昧公など椿の好きな殿様が、参勤交代時に江戸や京都から苗を持ち帰り、椿谷に植えたことから多様な品種が生まれたと言われています。

椿の写真

おでかけスポット 寒牡丹 日本庭園 由志園

冬の到来を告げる、
松江の風物詩

春と晩秋から冬にかけて花をつける二季咲きの小ぶりな寒牡丹。霜よけの薦(こも)をかぶり可憐に咲く姿は愛しく、凛とした美しさを秘めています。

寒牡丹の写真

区切り

季節の花に心躍る

松江市の花である「ツバキ」や「ボタン」をはじめ、サクラやショウブなど四季折々の花々が名所で楽しめます。

花こよみ
いつでも花散歩

1年中花が楽しめるガーデンが2施設あります。どちらも宍道湖北岸にあるので、花園巡りをしてみましょう。

松江イングリッシュガーデン

松江イングリッシュガーデン

英国の伝統的な庭園様式が楽しめる日本でも数少ない庭園。花や植物が景色に映えるよう計算され尽くした美しい庭や、自然の風景を生かした庭などさまざまな様式の庭を鑑賞できます。

松江フォーゲルパーク

松江フォーゲルパーク

宍道湖岸の丘陵地に建つ“花と鳥の楽園”。ベゴニアやフクシアなど可憐な花が一面に咲き誇る花の園。また回廊で結ばれた温室ではたくさんの鳥たちと触れ合えます。フクロウの飛行ショーなど楽しいイベントもいっぱい。

 

季節の花に心躍る