トップ →  おすすめ観光スポット →  観光施設 →  武家屋敷

武家屋敷 (ぶけやしき)

武家屋敷 

塩見縄手(しおみなわて)には、かつて松江藩二百石から六百石取りの中老格の藩士の屋敷が並んでいました。この武家屋敷も、約275年前の松江藩中級藩士が屋敷替えによって入れ替り住んだところです。刀だんすやお歯黒道具をはじめ当時の家具調度品、生活用具などを展示しています。玄関から座敷まわり、主人居間のあたりは立派な造りになっているのに対し、私生活部分は質素にするなど、公私のけじめをつけていた武家の暮らしぶりが偲ばれます。

 

※武家屋敷保存修理工事に伴う休館のお知らせ

武家屋敷保存修理工事のため、下記の期間武家屋敷は休館いたします。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

休館期間:平成28年10月1日~平成30年3月末

(リニューアル後の開館は、平成30年4月を予定しています)

松江市産業観光部観光施設課 TEL0852-55-5699

 

所在地 松江市北堀町305
営業時間 4月~9月 8時30分~18時30分(受付は18時10分まで)
10月~3月 8時30分~17時(受付は16時40分まで)
定休日など 年中無休
料金 大人300円、小人150円
※団体(20名以上)は大人240円、小人120円
松江城・小泉八雲旧居・小泉八雲記念館・武家屋敷の共通入場券
交通アクセス

【車】JR松江駅より車で約10分

【バス】こちらをご覧ください。
駐車場 こちらをご覧ください 
問い合わせ先 0852-22-2243
ホームページ http://www.matsue-tourism.or.jp/buke/buke_yashiki.htm

 


トップ →  おすすめ観光スポット →  観光施設 →  武家屋敷