トップ →  おすすめ観光スポット →  寺院神社 →  月照寺

月照寺(げっしょうじ)

 月照寺1 月照寺あじさい

松江藩主松平家の菩堤寺で、初代直政(なおまさ)から九代斉貴(なりたけ)までの墓があります。 墓所と廟門は当時のものがほぼ完全な姿で残っており、その閑雅さを小泉八雲も絶賛したといいます。 山門正面にある七代藩主治郷(不昧公)の廟門は、名工・小林如泥の作で、飾りのブドウの透かし彫りなどが見事です。境内にある大きな亀の背にのった石碑は六代藩主の寿蔵碑で、この大亀は夜ごと町へ散歩に出たという伝説があります。

また、七代藩主治郷(不昧公)にゆかりのある茶室大円庵などがあります。静寂な境内には四季折々の花が咲き、特に6月中旬からはあじさいの花が所狭しと咲き誇り、「山陰のあじさい寺」として多くの観光客が訪れます。

所在地 松江市外中原町179
拝観料 大人500円、高・中生300円、小学生250円
※団体30名以上1割引、100名以上1.5割引、200名以上2割引
抹茶400円
交通アクセス

【車】JR松江駅より約13分

【バス】こちらをご覧ください。

問い合わせ先 0852-21-6056
ホームページ http://www.shinbutsu.jp/36.html

 


トップ →  おすすめ観光スポット →  寺院神社 →  月照寺