観光スポット

スポット情報

黄泉比良坂
(よもつひらさか)

黄泉の国の入口
黄泉(よみ)の国(あの世)と現世の境界とされ、古代出雲神話の中で、イザナギ(伊邪那岐)命が、先立たれた最愛の妻イザナミ(伊邪那美)命を慕って黄泉の国を訪ねて行かれるその入口が、黄泉比良坂(よもつひらさか)であると伝えられています。古事記ではこの地を出雲国の伊賦夜坂(いふやざか)であるとしており、揖屋町(いやまち)平賀(ひらか)地内に昭和15年に建てられた石碑には「神蹟黄泉比良坂伊賦夜伝説地」と刻まれています。

黄泉比良坂碑

東出雲町の中心地にある揖屋町は、古事記上巻に記録を残す黄泉比良坂のある伊賦夜の里です。
古事記によれば揖屋町平賀地内の国道9号線から約300m南方にある小丘が黄泉比良坂であると伝えられています。
この付近には以前に意東へ越える古道がありその道を夜見路越(よみじごえ)と呼んだり、近くの谷を夜見路谷(よみじがたに)と言ったりしていました。夜見路とは黄泉路(よみじ)(死の国への道)のことです。
石碑は当時の町長であった佐藤造機株式会社(現三菱農機株式会社)初代社長佐藤忠次郎氏が皇紀2600年記念事業として建てたものです。

所在地 松江市東出雲町揖屋2376-3
駐車場 5台
交通アクセス JR揖屋駅より車で5分(徒歩20分)


このページの間違いを報告する