観光スポット

スポット情報

月照寺
(げっしょうじ)

松江藩主松平家の菩堤寺で、初代直政 (なおまさ) から九代斉貴 (なりたけ) までの墓があります。墓所と廟門は当時のものがほぼ完全な姿で残っており、その閑雅さを小泉八雲も絶賛したといいます。山門正面にある七代藩主治郷 (不昧公) の廟門は、名工・小林如泥の作で、飾りのブドウの透かし彫りなどが見事です。また、高いところに作られた七代墓所からは国宝・松江城を眺むことができ、隠れた人気撮影スポットとなっています。
境内にある大きな亀の背にのった石碑は六代藩主の寿蔵碑で、この大亀は夜ごと松江の町を徘徊した「月照寺の大亀」として小泉八雲の随筆にも登場しており、頭をなでると長生きできるという言い伝えもあります。
また、七代藩主治郷 (不昧公) にゆかりのある茶室大円庵などがあり、書院では庭園を眺めながら、不昧公が愛用し島根県の名水百選にも選ばれている「茶の湯の水」を使用したお抹茶 (お菓子付き) を楽しむことができます。静寂な境内には四季折々の花が咲き、特に 6 月中旬からはあじさいの花が所狭しと咲き誇り、「山陰のあじさい寺」として多くの観光客が訪れます。

所在地 松江市外中原町 179
電話番号 0852-21-6056
拝観時間 4 月~ 11 月 9:00 ~ 17:00
12 月~ 3 月 9:30 ~ 16:30
駐車場 有り (乗用車 20 台・バス 2 台)
拝観料 大人・大学生 500 円
中学・高校生 300 円
小学生 250 円
※団体割引 (30 名以上) 等、各種割引あり
お抹茶 (お菓子付き) 450 円
交通アクセス
JR 松江駅より
・タクシーにて 10 分
・市営バスレイクラインにて 20 分 「月照寺前」下車すぐ
・市営バス・一畑バス松江しんじ湖温泉行にて 15 分 「交融橋」下車徒歩 10 分
HP https://www.gesshoji-matsue.com/


このページの間違いを報告する