トップ →  おすすめ観光スポット →  文化歴史自然 →  塩見縄手

塩見縄手 (しおみなわて)

塩見縄手 

小泉八雲旧居を始め、武家屋敷風の家が堀に面して軒を連ね、松江で最も城下町らしいたたずまいを残している通りで、

松江市の伝統美観地区に指定され、また『日本の道100選』に選ばれています。かつて中老格の藩士の屋敷が並んでいました。

堀沿いに立ち並ぶ老松も堀川の流れとあいまって江戸時代さながらの風情を漂わせています。

名前の由来は諸説ありますが、かつて松江藩中老「塩見小兵衛」の屋敷があったことと、細くのびる一本道を「縄手」

ということから名づけられました。

塩見縄手  ※縁結びスポットでもある”ハートのくぐり松”

所在地 松江市北堀町周辺
URL http://www.matsue-tourism.or.jp/buke/page03.html 

 


トップ →  おすすめ観光スポット →  文化歴史自然 →  塩見縄手