グルメ

出雲そば

出雲そばは、三大そば (他、わんこそば、戸隠そば) の一つとして知られています。玄そばの挽きぐるみのそば粉を使うため、色が黒っぽく、香り高いのが特長です。江戸や信州の白っぽく上品なそばに比べると、出雲そばは荒々しく男勝りなそば ! こしも強く、風味が際立ちます。また、出雲そばには「割子」と「釜揚げ」があり、独特な食べ方をします。ここでは、出雲流の「通」な食べ方を紹介します。

筒割り形 3 段重ねそば「割子そば」

丸い 3 段の器にそばが盛られた、冷たいそばです。のり、ネギ、大根おろしなどの薬味と、つゆの入った土瓶が添えられます。普通は 3 段が一人前ですが、地元人は丸い器のことを 1 枚、2 枚 … と数え、「割子 5 枚 ! 」などと注文します。薬味を入れ、つゆを少しかけ、香りとこしを味わいます。締めには「そば湯」をお忘れなく。

そば湯と一緒に食す郷土そば

出雲独特のそばといえば「釜揚げそば」のことでしょう。茹でたそばを一度、水で締め、温かいだしを入れるのは江戸流。出雲流は、茹でたそばとそば湯を一緒に器に入れます。そこに、のり、ネギ、かつお節などの薬味がのります。好みでつゆをかけて、熱々のそばをいただきます。そば湯には、そばの風味が溶け込み、香りも豊か。素朴な味わいです。

出雲そばお店一覧

このページの間違いを報告する