グルメ

海の幸

島根県沖の日本海は寒流と暖流がぶつかることから魚の種類も豊富で、イワシ、サバ、ブリ、イカ、タイ、ノドグロ、カニ、マグロ … などが水揚げされています。漁港が近いことから鮮度も良く、海鮮丼や刺身、寿司など、旬で脂がのった魚がおいしくいただけます。

山陰の冬の味覚「松葉ガニ」
「松葉ガニ」とはズワイガニのご当地ブランド名で、山陰地方で水揚げされた成長した雄カニのことを言います。毎年 11 月頃から 3 月頃までが解禁となり、その時期は松葉ガニの旬でもあり、カニの旨みが一層増して濃厚な味が楽しめます。新鮮なものは刺身やカニすきで食せるほか、焼きガニや鍋などにも。また甲羅にカニミソと日本酒を入れた甲羅酒も地元ならではの味わい方です。
松江いわがき
島根町沖合で養殖されている新名物。のぼりのあるお店で召し上がれます。旬は春から初夏にかけて。大きく食べごたえのあるプリプリのカキです。
ノドグロ
学名ではアカムツと言い、大きいものをノドグロと呼んでいます。ノドグロは上品な甘みのある脂が特長で、白身魚のトロと言われています。松江では刺身や焼き魚、煮つけ、寿司などにして食されています。日本を誇るテニスプレイヤーで松江市出身・錦織圭選手も山陰沖の「ノドグロ」が大好物 !
寒ブナ
汽水湖の宍道湖で育ったフナは臭みがなく、松江の冬を代表する味覚の一つです。地元では年越しにフナを食べる習慣があり、脂ののった旬のフナを細切りの刺身にして、乾煎じしたフナの腹子を和えて糸づくりにします。コリコリした食感がとても珍味な冬の郷土料理です。残ったアラはあら汁に、体の芯から温まります。

海の幸のお店一覧

このページの間違いを報告する