イベント

イベント内容

かんぞうひんてん めいじじだいのさむらいたちーまつえはんしのいくすえー
<館蔵品展>明治時代のサムライたちー松江藩士の行く末ー

松江藩が廃され、島根県が誕生し、武士が禄を失った明治時代。松江城は解体され、天守のみがそびえる姿になった。
急速に変化する時代を、旧松江藩士はどう生きたのか。
島根県の役人となり、生涯松江城下に居した父・三浦正祐(まさすけ)、新たな学校制度のもとで身を立て、京都帝国大学国史学講座の教授となった子・三浦周行(ひろゆき)をはじめ、社会の変革期における旧松江藩士の生き様を追う。

開催期間 2024 年 1 月 26 日 (金) ~ 3 月 31 日 (日)
休館日 / 月曜日、2 月 13 日 (火) ※但し、2 月 12 日 (月・休) は開館
時 間/ 9:00 ~ 17:00 ※観覧受付は 16:30 まで
※オープニングセレモニーのため、1 月 26 日 (金) のみ 10 時開場
開催場所 松江歴史館 企画展示室
電話番号 0852-32-1607 (松江歴史館)
HP https://matsu-reki.jp/exhibition/4989/
料金 大人 300円(240円)、小・中学生 無料
[基本展示とのセット券]大人 650円(520円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校・大学・専門学校等に通う学生は学生証の提示が必要

このページの間違いを報告する