イベント

イベント内容

第 13 回くるま座「横田めぐみさんたちは、なぜ帰って来ない ? 」

開催日が2/11(金祝)から、2/26(土)に変更になりました。

「くるま座」とは講演会にあらず。ゲストを囲み、その本音を生でたっぷり語ってもらうトークイベント。時間内、質問無制限です。
新春はビッグゲストを招いて連続開催‼

第 13 回目のゲストは、ノンフィクション作家の有田芳生さんです。
◇ゲスト : 有田芳生さん (ノンフィクション作家/参議院議員)
◇タイトル : 「横田めぐみさんたちは、なぜ帰って来ない?」~北朝鮮拉致 わたしが知っているすべてのこと~

内容: 北朝鮮による拉致被害者5人が帰国した「小泉訪朝」から20年。娘の帰国を待ち望みながら亡くなった横田滋さんに続き、妹の田口八重子さんの帰還を呼びかけていた飯塚繁雄さんも鬼籍に入りました。拉致問題はなぜ前に進まないのか? ジャーナリストの時代から一貫して追いかけている有田さんに聞きます。

<有田さんからのメッセージ>
私の父は島根県の出身です。松江は宍道湖が見える宿に両親と宿泊したこともある懐かしい土地です。取材や議員としての行動でも、松江に立ち寄るのは、仕事のためではありますが、太田和彦さんお薦めの居酒屋に立ち寄るのが楽しみでした。こんどはライフワークの一つである拉致問題を松江の方々にお話できる機会が与えられ、重いテーマではありますが、訪問できることをとても楽しみにしています。

< プロフィール >
1952年京都市生まれ。1977年立命館大学経済学部卒業。出版社勤務を経て1986年からフリーとなる。『朝日ジャーナル』で霊感商法批判キャンペーンに参加。『週刊文春』などで統一教会報道。都はるみ、宇崎竜童、テレサ・テンなどの人物ノンフィクションを執筆。日本テレビ系「ザ・ワイド」に12年半レギュラーコメンテーターとして出演。2010年から参議院議員。
○著書に『ヘイトスピーチとたたかう!日本版排外主義批判』(岩波書店)、『「コメント力」を鍛える』(NHK出版)、『私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実』(文藝春秋)、『歌屋 都はるみ』(文藝春秋)、『メディアに心を蝕まれる子どもたち』(角川SSCコミュニケーションズ)など

開催期間 2022 年 2 月 11 日 (金祝) 14:00 ~ (開場 /13:30)
開催日変更 : 2 月 11 日 (金祝) → 2 月 26 日 (土) に変更となります
開催場所 松江市市民活動センター スティックビル 5F 交流ホール
電話番号 0852-27-5843、090-3108-1308(携帯)
(松江観光協会/羽田)
※下記のリンクからお申込みいただけます。初めての方は、できるだけ申込フォームからお願いします。
駐車場 有 : スティック隣の松江市営白潟駐車場を 200 円で利用できます。
料金 ¥ 2,000(大学生以下¥ 1,000)
その他 定員 :100名 ※要予約
申込は以下からお申し込みください
申込フォーム

このページの間違いを報告する