イベント

イベント内容

きゅうせいまつえこうとうがっこう
<企画展>旧制松江高等学校―松江で学び、暮らした学生たち―

旧制松江高等学校(略称は淞高)は島根県で初めての、待望の高等教育機関として、今から100年前の大正9年(1920)に設置され、大正10年(1921)4月16日に初めての入学式が行われました。
旧制松高の卒業生には、松江市生まれで被爆の経験を記した『長崎の鐘』などで知られる医学者・永井隆(ながい・たかし 1908-1951)、雑誌「暮しの手帖」の編集長・花森安治(はなもり・やすじ 1911-1978)や、日本マクドナルドの創業者の藤田田(ふじた・でん 1926-2004)などがおり、各界の第一線で活躍する人物が多数、旧制松高から巣立っていきました。
全国から研究者や学生が集まり、学術研究や教育を担うという役割は、後身の島根大学に現在も受け継がれています。
学生たちの学びや暮しについて、翻弄した社会の情勢もまじえ、当時の資料を基に紹介します。そして大正・昭和時代の写真から、懐かしい松江の街のようすもお楽しみください。

開催期間 2021年4月16日(金)~6月27日(日)9:00~17:00(観覧受付は16:00まで)
●休館日:毎週月曜 ※5月3日(月・祝)は開館、5月6日(木)が休館
開催場所 松江歴史館
電話番号 0852-32-1607(松江歴史館)
HP https://matsu-reki.jp/exhibition/4233
駐車場
料金 大人¥500 / 小・中学生¥250

このページの間違いを報告する