イベント

イベント内容

ふうけいがのはじまりころーからいんしょうはへ
企画展~ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ~


このイベントは 2020-11-03 に終了しました。

フランス、シャンパーニュ地方の古都ランスは、歴代国王の戴冠式が行われた歴史とともに、その名の通りシャンパーニュ(シャンパン)の産地として知られています。その街の中心に建つランス美術館は、19世紀絵画とりわけ風景画コレクションが充実しており、特に、カミーユ・コロー(1796-1875)の作品は、ルーヴル美術館に次いで、数多く所蔵されていることで有名です。本展ではリニューアル休館中の同館コレクションにより、コローの傑作の数々をはじめ、バルビゾン派の画家たちやギュスターヴ・クールベ(1819-1877)、ウジェーヌ・ブーダン(1824-1898)、そして、クロード・モネ(1840-1926)、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)、そして、カミーユ・ピサロ(1830-1903)ら印象派へと至る19世紀フランス風景画の流れを紹介します。

開催期間 2020年9月12日(土)~11月3日(火・祝)
[9月] 10:00~日没後30分
[10月・11月] 10:00~18:30
開催場所 島根県立美術館
電話番号 0852-55-4700
HP https://www.shimane-art-museum.jp/exhibition/2020/09/039480.html
駐車場
その他 ■新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、「指定時間入場制」となっています。

このページの間違いを報告する