トップ →  お知らせ →  松江市が「恋する灯台のまち」に認定されました

松江市が「恋する灯台のまち」に認定されました

 

6月19日ロマンスの日に『恋する灯台』に選ばれた美保関灯台。この度立地する松江市が『恋する灯台のまち』に認定されました。
 
≪認定者≫
一般社団法人 日本ロマンチスト協会/日本財団
恋する灯台プロジェクト:https://romance-toudai.uminohi.jp/

 

≪美保関灯台認定理由≫
島根半島東端の地蔵崎の先端にある灯台。山陰最古の石造りの姿には風格が漂う。岬からは勇壮な日本海が広がり、
晴れた日には遠く隠岐の島が望める。灯台の近くには、恵比須神を祭神とする美保神社があり、そこから彿谷寺までの
通りには、雨に濡れると淡い青色に変化する石が敷き詰められ「青石畳通り」と呼ばれている。海の青と地の青、
ロマンスブルーを思わせる神秘的な場所で、恋の散歩を楽しみたい。
 
美保関灯台は、日本灯台50選及び世界灯台100選にも選ばれています。
 
 
トップ →  お知らせ →  松江市が「恋する灯台のまち」に認定されました