トップ →  お知らせ →  冊子『戦国はるかなれど 堀尾吉晴の生涯』上下巻 著者:中村彰彦氏が発売になりました

冊子『戦国はるかなれど 堀尾吉晴の生涯』上下巻 発売!

戦国はるかなれど 

 堀尾吉晴こそ、400年前にこのたび国宝になった松江城を造り、松江のまちを開いた武将です。

堀尾吉晴は木下藤吉郎(秀吉)に仕え、その勇猛さは織田信長も称賛したほどです。                   秀吉が最も信頼した武将で、その天下取りのすべての戦に加わりました。

秀吉没後は徳川家康につき関ヶ原では東軍を勝利に導きます。家康が、天下が定まったのは堀尾吉晴のおかげ、というほどの働きをしながら、これまでその人物も武功もまったくと言っていいほど知らされることがありませんでした。    

戦国の世からはるか400年を経て、歴史時代小説の第一人者中村彰彦氏により、その全貌が明らかになりました。

松江のまちを作った堀尾吉晴の物語、ぜひご覧ください。

◆著者 中村彰彦氏

◆価格 上下巻・各¥1,800+税

◆出版社 光文社

著書紹介

略歴 1949年栃木県生まれ。東北大学在学中に「風船ガムの海」で文學界新人賞佳作入選。  
   「二つの山河」で直木賞、「落花は枝に還らずとも」で新田次郎賞を受賞。

トップ →  お知らせ →  冊子『戦国はるかなれど 堀尾吉晴の生涯』上下巻 著者:中村彰彦氏が発売になりました