トップ →  お知らせ →  祝!松江城国宝へ

祝!松江城国宝へ

松江城国宝へ 松江城国宝へ

  文部科学大臣の諮問機関である文化審議会が、515日(金)開催され松江城天守1を国宝に

指定するように 答申がありました。 併せて、現在松江歴史館に収蔵されている「祈祷札2枚、

鎮宅祈祷札4枚、鎮物3点」も同時に国宝指定にするよう答申がなされました。

 私たちは、平成21919日に本会を設立以来、先人たちの尽力により現代に残る松江城天守の

価値を再認識し、理解を深めていただくために、各種の活動を続けてまいりました。

松江市民はもとより、全国から128千余名の方々にご協力をいただいた署名活動を始めとして、

国宝化への機運醸成を図り、国宝指定を目指して取り組んで来ましたが、この度の朗報は誠に

御同慶の至りであります。一昨年6月には、松江開府の祖であり、松江城築城の陣頭指揮をとる

堀尾吉晴公の銅像建立も果たしました。

 松江城は、“国際文化観光都市 松江”のシンボルです。これを契機により一層松江城への理解が深まり、

全国からたくさんの観光客が来松されますことを期待し、これまで私どもに全国から寄せられました

「応援メッセージ」に対しまして厚くお礼申し上げますとともに、今後ともよろしくお願い申し上げます。

                                                平成27515

                                               松江城を国宝にする市民の会 

                                                 会長 藤岡大拙

 

                                       

 

 

 

トップ →  お知らせ →  祝!松江城国宝へ