トップ →  松江を知ろう →  歴史 →  神話・伝説 →  国引き神話

国引き神話

page2__001.jpg

 ずっと大昔のこと、このあたりに八束水臣津野命(ヤツカミズオミヅノミコト)というとても力の強い男の神様がおられた。この神様は、出雲の国がまだ出来たばかりで、ちょうど幅のせまい布のような形をしているのを見て、何とか自分の力で広い大きな国に、作り直してやろうと考えられた。「どこか遠いところに、ひっぱってきても良いような、土地の余りはないだろうか」と北の方を眺めておられた。すると海の向こうの新羅の国に余った土地のあるのが見つかった。命は早速新羅の国まで出かけ、その端の所に大きな鋤を打ち込み力一杯ぐっと手元へ引き寄せられた。するとその端の所は見事にぐさっとはなれた。命はその離れた土地に3つ縒り荷縒った太い丈夫な綱を結び付けられた。

 そしてその網の一方を持って、ちょうど川船でも引くように海の上を「国来、国来(くにこ、くにこ)」と掛け声を掛けながら引っ張ってこられた。するとその土地はだんだんこちらに近づいて、とうとう出雲の国の北側にくっついた。これが今の日御崎から平田までの間の北山である。またその時、この北山が出雲の国から離れないため、南の山の中に1本の大きな杭を打ち込み、それに引いてきた綱の端をしっかり結び付けておかれた。その杭が今の三瓶山で、引いてきた綱が園の長浜だと言うことである。

 それでもまだ狭いのでもう少し広くしようと思われた命は、又北の方から余った土地を見つけ綱をかけて引っ張ってこられた。これが今の十六島(うっぷるい)から佐蛇川までの山、つまり宍道湖の北側の山である。

 だがこれでもまだ小さいのでもう少し大きくしなければと引っ張って来られた土地が、今の佐蛇川から千酌あたりまでの山、つまり松江市の北にあたる山々である。

  こうして出雲の国は大分大きくなった。だがもう少し大きな国にしたいと考えられた八束水臣津野命は、又北の方を眺めておられた。すると北陸地方に余った土地があるのを見つけ、さっきと同じように綱をかけて引いてきて繋ぎとめられた。これが今の千酌あたりから美保関までの山々で中海の北の半島である。この時もまた南の山の中にひときわ大きな杭を打ち込みそれに引いてきた綱を結びつけられたが、その綱が現在の弓が浜で、大きな杭が鳥取県の大山だといわれている。

 こうしてたくさんの土地を引いてきて出雲の国を広げられた命は「これでやっと国引を終えた」といって出雲郷の阿太加夜神社の境内にある意宇の杜へ行かれ、そこへ杖を立てて「意恵(おうえ)」と喜びの声をあげられた。

  それで昔からこのあたり一帯を意宇(オウのちにはイウ)郡と呼び、出雲の国では一番大きい郡であった。明治の中頃新しい郡制になった時、この意宇郡は近くの島根、秋鹿の2郡と合併したが、その新しい郡は八束水臣津野命の名を忘れぬため八束郡と名付けられた。 

トップ →  松江を知ろう →  歴史 →  神話・伝説 →  国引き神話